おすすめ商品

アラザル7

型番 arazaru07
販売価格 500円(内税)

アラザルvol.7は厚さ21ミリの500円!!!
かつての、vol.2やvol.3のような分厚い四六判路線に戻って参りました。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


interviews:
■鈴木治行インタビュ モダニズムの問題系が奏でる音楽(聴き手:西田博至)
■パブリック娘。インタビュー(学生編)〜アラザルmix〜(聴き手:安東三)

※『アラザル vol.7』の「鈴木治行インタビュー モダニズムの問題系が奏でる音楽」のなかで、文の脱落等がございました。鈴木氏と、読者の皆さまにお詫びするとともに、正誤表を公開いたします。→コチラ
なお、文学フリマでの発売時と、今後の発売におきましても、本誌に正誤表を挟み込んでおりますので、『アラザル vol.7』をお持ちの方は、内容は同一ですので、そちらも併せてご確認ください。


criteques:
■阪根正行 書店員→工場員日記2012年・春
■諸根陽介 (minimaru)n music -ミニマルのn乗・音楽-(後編)
■杉森大輔 多摩川の日暮れに鳥たちの歌が青く染まるのを聴く
■安東三 ラッパー宣言 第5回
■山下望 ツイッター時評@arazaru 2012.04.18-04.23
■西田博至 「一柳慧のいる透視図 -ニッポンの批評へ」第5回
■山本浩生 「憑依」としての美術

reviews:
安東三/前田礼一郎/dhmo


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆